巧緻性・制作課題対策に!

手先の巧緻性を育てる制作課題集「ピクニックボックス」は、「折る」、「切る」、「貼る」、「組み合わせる」など制作の基本を身に付ける本体と、小学校入試で多くの学校が実施している巧緻性課題の「紐通し」や有名国立・私立小学校で過去に出題された制作課題が体験できる「チャレンジ制作」、「自由制作」を難易度別に取り組めます。
ぜひ、まとまったお休みの時期に、小学校入試対策として、ご家族で楽しみながら取り組んでみてください。

各内容の詳細は下のボタンからご覧ください。





ピクニックボックスの販売ページはこちら


手先の巧緻性を育てるために

理英会の「ピクニックボックス」は、手先の巧緻性を育てる要素がいっぱい詰まった制作課題集です。折り紙を折る、ハサミで切る、切った紙を貼り合わせる、切り込みと切り込みを組み合わせるなどの作業には、すべて手先を使った課題が含まれています。楽しく課題に取り組み、1つの作品が完成するたびに、手先がしなやかに、器用になっていく過程を実感することでしょう。完成した作品は、すべて遊びの素材へと形を変え、新たな遊びの世界へと誘ってくれます。そして、遊ぶことでまた、手先をいっぱい動かし、手先の働きをさらに高めて経験値をアップさせ、できる楽しさ、できた喜びをたくさん味わうことにより、より自然と巧緻性が身についていきます。



ピクニックボックスの特長

  1. 「ピクニックボックス」には3種類の課題集があり、「うみへ いこう」(基礎編)・「まちへ いこう」(応用編)・「やまへ いこう」(発展編)と、それぞれテーマ別・難易度別に課題が構成されています。
  2. 3種類の課題シートは基礎編・応用編・発展編の順につなげることができ、シートをつなげることで、より広い遊びの空間を提供しています。
  3. 課題には、指示された材料を使い、指示された方法で作り上げる「指定課題」と、身のまわりにある材料を使い、自分なりの方法で自由に作る「自由課題」があります。「指定課題」で制作技術を学び、その技術を「自由課題」に応用できるよう構成しています。
  4. 課題は、理英会の「折り紙検定」「ハサミ検定」に準拠しています。また、有名国立小学校・私立小学校で実際に出題された制作課題を厳選して加えています。

ピクニックボックス 内容見本



  • 各セットに、「解説と作り方」の冊子が入っています。「手先の巧緻性を育てるために」というお家の方向けの内容も記載されています。
  • 「うみへいこう」「まちへいこう」「やまへいこう」のテーマに沿った制作物のキットと風景の台紙(A1サイズ)が入っています。
  • 「ハサミ名人」で、ハサミの練習を基礎からレベル別に実践できます。
  • 「折り紙名人」で、折り方を基礎からレベル別に実践できます。
  • 「紐通し」として、カード24枚と紐通しセットが入っています。塗り絵や仲間分けカードとしても楽しめます。
  • 有名国立小学校・私立小学校の制作課題が体験できる「チャレンジ制作」として、5種類の課題と材料が入っています。
  • 材料を自由に使って想像力と工夫する力を養う、「自由制作」の課題が5種類入っています。